メインイメージ画像

ダイエット成功には規則正しい食事が重要です

薄着や健康上の理由で減量する人は、減量中は摂取カロリーのことばかりを考えてしまいがちになります。もちろん減量をするに当たって熱量は重要ですが、重要なのは摂取カロリーと消費カロリーのバランスです。生命活動に必要な分をきちんと摂取しつつ、オーバーしてしまうカロリーを抑制する事で、健康的にダイエットをする事ができます。

そこで大切なのが、痩せやすい食事の摂り方です。食べても太りにくい食事方法で一番大切になってくるのは、規則正しく食事を摂る点にあります。人間の体内時計は、リズムに合わせて活動と休憩を交互に行っています。

活動している時に食事をすると消費されやすくて、逆に身体が休憩をしているときに食事をする事で体内に溜め込みやすく、脂肪になる比重が高くなるのです。一般的に夜間に食べると太ると言われていますが、これは身体が休憩中に食べるのが原因と言えるでしょう。

このリズムの鍵といえるのが血糖値です。血糖値が上がると太りやすくなってしまい、下がると痩せやすい状況に変わります。血糖値が下がったタイミングで食事を摂ると潤滑に消化が行われて、取り込まれた栄養がすぐにエネルギーとして吸収されます。

各臓器の動きも活発になり、摂取した食べ物は身体に溜まり難く太りにくくなります。リバウンドするリスクも低いので、健康的に痩せる事ができるでしょう。

胃腸は日中活発に働きますが、夜になると消化の速さが落ちてしまいます。それに日中に比べると夜に身体を動かす事も少ないので、摂取したカロリーが使われずに体内に溜まりがちです。食事は朝と昼にきちんと摂り、夜はできるだけ早い時間に軽めの食事をするのが理想的です。

ダイエットの敵とされている炭水化物も、夜は控えめにするのが適当でしょう。炭水化物が必ずしも太るもとではないので、食べるタイミングを意識するだけで充分痩せる効果を見込めます。腹持ちもいいですし、身体を動かすエネルギーになるのです。食事量を減らしている間の飲食は、タイミングと内容に着目するのが好ましいでしょう。そこに適度な運動を怠らないことで、ゆっくりと健康的に痩せていく事ができます。